スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強化部位

特にありません。

シングルでもなければ、ましてプロゴルファーでもありません。

楽して楽しむことです。



目指すスイングの練習をつむにつれ、結構背筋が発達してきます。

一般的に言われていますが、背筋と腹筋のバランスが崩れることによる腰痛を防止するためにも

腹筋運動を気が向いたときにやればいいのではないかと思います。

足腰の強化もできればやってください、ぐらいのことです。

メタボ体系の方は、スムースなスイングをより実現しやすくするため

ダイエットしたほうがいいかもしれませんが、必要事項ではありません。



筆者も特にトレーニングはしておりませんが

ここで紹介しているスイングで

練習場に響き渡る打球音と飛距離で結構注目を浴びております。

ここはひとつポチッとお願いします。よろしく


グリップへ続く
スポンサーサイト

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

準備運動

1.左のヒザ(レフティは右)
2.腰

以上2点の準備運動は特に念入りにしてください。

特にヒザは、より速くなったスイングを受け止めるために非常に負荷がかかります。

屈伸運動、ヒザ回し、左足一本で突っ立ったまま上体を軽く回転させて

ヒザを水平方向に回す運動をしてください。

腰は、下半身と上半身をズレを生じさせながらスイングするため、負荷がかかります。

両手を広げて水平方向に回す運動とラジオ体操のような上体を大きく回す運動をしてください。



肩・手首・指の柔軟運動もしてください。

肩は十分なバックスイングを得るため、柔軟性が求められます。

手首・指は、ヘッドスピードが上がるので、芯を食わなかった場合のダメージが結構来ます。



タイガーウッズの例でもわかるように、プロゴルファーはヒザに甚大な負荷を強いられ、

みなさん痛みを抱えており、選手生命まで危うくされることしばしばです。

腰も、プロゴルファーの職業病となる代表部位です。

たとえ20代の方でも、30代40代となるにつれ、

若いころの無理がたたり古傷になったりしますので

ナメないでやってください。



楽に楽しむためには、これくらいの手間は惜しまないように ニコニコ。 横向き

ここで紹介している準備運動で

練習場に響き渡る打球音と飛距離で結構注目を浴びております。

ここはひとつポチッとお願いします。よろしく


強化部位へ続く

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

FC2カウンター

見てる人:
検索フォーム
RSSリンクの表示
ナイキ
テーラーメイド
タイトリスト
カタナ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。